沿  革

 
大正13年 金納伊之助が焼麩製造を開業
昭和22年 金納秀司が畳表製造業を開業
昭和24年 畳表織機の代理店を始める
昭和26年 畳表織機の代理店を廃止
昭和27年 焼麩製造を再開
昭和30年 焼き麩の原料である、小麦粉等の販売を開始
昭和34年 畜産用飼料等の販売を開始する
昭和36年 金納興業株式会社を設立
昭和42年 本社および小麦粉、飼料の営業部門を柳川市袋町に移転
昭和54年 筑後市に食品部を移転。
小麦粉、食油、砂糖、澱粉、大豆等、取扱商品を増やす
柳川市袋町に鶏卵GPセンターを設立
筑後地域および福岡市、熊本市に鶏卵の販売を開始する
昭和56年 鶏卵GPセンターおよび卵の販売部門を(株)ノーサンエミーへ併合する
昭和58年 馬見原にブロイラー4万羽の生産農場を開設
昭和61年 子会社として金納産業(株)を設立し、小麦粉、食油、澱粉、砂糖等の卸を分活
福岡市に貿易部を設立し、韓国、中国、台湾からわらや牧草、畳表等の輸入を開始する
イ草の市場調査を中国で行う
鶏卵部GPセンターを設立
昭和63年 鹿児島県曽於郡に南九州営業所を開設し、飼料および食品の販売を行う
平成元年 福岡市で行っていた貿易部を柳川市に移転し合同する
平成7年 直営農場子会社(有)金鶏農場設立
平成10年 鶏卵部GPセンター移転新築
貿易部を分離し(有)ヤスカネ・ジャパン設立
(有)前田ポートリー設立(現(有)キンケイポートリー)
平成11年 11月 焼麩工場新築移転
平成12年 1月 金納産業株式会社の資本金増資
資本金4,000万円に増資する
平成17年 11月 金納興業株式会社の資本金増資
資本金7,200万円に増資する
12月 東蒲池の本社で行っていた、飼料部を矢加部に移転し、倉庫を建設する
平成18年 6月 金納興業株式会社の資本金増資
資本金9,600万円に増資する
平成19年 2月 飼料部 矢加部へ配合倉庫を建設する
3月 飼料部 立石に800坪の土地を購入して倉庫を建設する
5月 第2GPセンターを改修工事
キンケイポートリーにおいて行っていた洗卵選別機械および作業を柳川本社第2GPセンターに移動する
第1GPセンターの改修工事を行う、主として断熱工事である
7月 筑後営業所を東蒲池の本社に移転する
8月 東蒲池本社の西倉庫を改修する これは冷蔵庫とネズミ侵入防止の為の工事
11月 糸島の飼料鶏卵販売会社の営業を引き継いだため、博多営業所も引き継ぐ事になり、新設営業する、主に鶏卵である
12月 熊本の鶏卵販売会社の営業も引き継ぐことになり、熊本県宇土市のGPセンターも引き継ぎ営業する
平成20年 1月 熊本の鶏卵販売会社で行っていた熊本市春日にある液卵加工および厚焼卵、温泉卵などの加工部門を引き継ぎ、営業を行うことにした。熊本事業所内の加工部門で行うこととした
3月 金納秀司社長が代表取締役会長に、金納通有専務が代表取締役社長にそれぞれ就任
平成22年 8月 宮崎県川南町の養鶏場を(有)金鶏農場で買い取り営業する
平成23年 8月 福岡市博多区に150坪の土地を購入、新しい博多営業所の建設着工
12月 金納興業株式会社の創立50周年を迎える
平成24年 3月 長崎県島原市にキンケイ島原を開業
約10万羽の養鶏場
平成25年 3月 日田営業所開設
平成25年 11月~12月 島原において、1万5千羽のウインドレスの育成舎、及び1万5千羽のウインドレスの成鶏舎の完成予定
ページのトップへ戻る